• Frontier Valuation

2022年6月分の工作機械受注額速報

更新日:11月11日

※最新の動向については下段リンクから最新の情報をご覧下さい


【工作機械受注速報に関する記事】

2020年1月 2020年2月 2020年3月 2020年4月 2020年5月 2020年6月 2020年7月 2020年8月 2020年9月 2020年10月 2020年11月 2020年12月 2021年1月 2021年2月 2021年3月 2021年4月

2021年5月 2021年6月 2021年7月 2021年8月 2021年9月 2021年10月 2021年11月 2021年12月 2022年1月 2022年2月 2022年3月 2022年4月 2022年5月 2022年6月 2022年7月 2022年8月 2022年9月 2022年10月

日本工作機械工業会が、7月11日に2022年6月分の工作機械受注速報を発表した。

2020年9月~2022年6月までの工作機械受注総額推移
2020年9月~2022年6月までの工作機械受注総額推移

 受注総額は154,865百万円で前月比100.9%、対前年比では117.1%で 20カ月連続で前年同月比の実績を上回った。前月比はほぼ横這いで、好不況の判断の目安とされる月間受注額1,000億円は17か月連続で上回っており依然高水準を維持している。

 内需は58,630百万円(前月比118.5%)で、外需は96,055万円(前月比 92.5%)であった。前年同月比では内需が131.3%、外需が 92.5%だった。

   

 これに先立ち、6月22日に2022年5月分の受注確報が公表されたが、中国向けが3ヶ月連続で対前年比を下回った。これはCOVID-19の感染拡大に伴う上海市の都市封鎖により、商談が停滞したことが影響したとみられている。米国向けは対前年比で増加となっているが、インフレ抑制のための金融引締め政策による影響が予想されるほか、米国経済を牽引指摘がGAFAの業績が悪化していることなど、先行きには不安もある。  全般的には長期的な技術革新の波に乗って世界的に企業の設備投資が活発な状況下にあることは変わりないようだ。  

【工作機械受注速報に関する記事】

2020年1月 2020年2月 2020年3月 2020年4月 2020年5月 2020年6月 2020年7月 2020年8月 2020年9月 2020年10月 2020年11月 2020年12月 2021年1月 2021年2月 2021年3月 2021年4月

2021年5月 2021年6月 2021年7月 2021年8月 2021年9月 2021年10月 2021年11月 2021年12月 2022年1月 2022年2月 2022年3月 2022年4月 2022年5月 2022年6月 2022年7月 2022年8月 2022年9月 2022年10月

【出典】

一般社団法人 日本工作機械工業会 工作機械統計

閲覧数:74回

最新記事

すべて表示