2022年4月分の工作機械受注額速報

更新日:6月14日

※最新の動向については下段リンクから最新の情報をご覧下さい


【工作機械受注速報に関する記事】

2020年1月 2020年2月 2020年3月 2020年4月 2020年5月 2020年6月 2020年7月 2020年8月 2020年9月 2020年10月 2020年11月 2020年12月 2021年1月 2021年2月 2021年3月 2021年4月

2021年5月 2021年6月 2021年7月 2021年8月 2021年9月 2021年10月 2021年11月 2021年12月 2022年1月 2022年2月 2022年3月 2022年4月 2022年5月


日本工作機械工業会が、5月16日に2022年4月分の工作機械受注速報を発表した。


2020年7月~2022年4月分までの工作機械受注総額推移
2020年7月~2022年4月分までの工作機械受注総額推移

 受注総額は154,991百万円で前月比93.2%、対前年比では125.0%で18カ月連続で前年同月比の実績を上回った。前月比は下回ったが、例年年度明けとなる4月は前月比で減少になることが多く、年度明けが要因とみられる。好不況の判断の目安とされる月間受注額1,000億円は14ヶ月連続で上回った。

 内需は53,217百万円(前月比88.3%)で、外需は101,774万円(前月比96.0%)であった。前年同月比では内需が147.5%、外需が115.8%だった。

 なお、グラフには記載していないがCOVID-19の影響を受ける前の2019年4月と比較すると総額ベースで142.6%、内需が122.3%、外需が156.3%となっている。

 

 3月に引き続き工作機械の受注は高水準である。特に半導体関連の需要が旺盛で自動車関連の引き合いも強い。世界経済の減速も囁かれているが、海外では2022年も好調が続くと言う見方もある。但し、部品や原材料の供給は依然としてタイトであり、予断を許さない状況ではあるだろう。 (対前々年比の折れ線グラフ表示はCOVID-19の影響が一巡したため2022年2月までの表示としている)  

【工作機械受注速報に関する記事】

2020年1月 2020年2月 2020年3月 2020年4月 2020年5月 2020年6月 2020年7月 2020年8月 2020年9月 2020年10月 2020年11月 2020年12月 2021年1月 2021年2月 2021年3月 2021年4月

2021年5月 2021年6月 2021年7月 2021年8月 2021年9月 2021年10月 2021年11月 2021年12月 2022年1月 2022年2月 2022年3月 2022年4月 2022年5月

【出典】

一般社団法人 日本工作機械工業会 工作機械統計

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示