2022年1月分の工作機械受注額速報

更新日:6 日前

※最新の動向については下段リンクから最新の情報をご覧下さい


【工作機械受注速報に関する記事】

2020年1月 2020年2月 2020年3月 2020年4月 2020年5月 2020年6月 2020年7月 2020年8月 2020年9月 2020年10月 2020年11月 2020年12月 2021年1月 2021年2月 2021年3月 2021年4月

2021年5月 2021年6月 2021年7月 2021年8月 2021年9月 2021年10月 2021年11月 2021年12月 2022年1月 2022年2月 2022年3月 2022年4月


日本工作機械工業会が、2月9日に2022年1月分の工作機械受注速報を発表した。

2022年1月分の工作機械受注総額(速報)
2022年1月分の工作機械受注総額(速報)

 受注総額は143,086百万円で前月比102.8%、対前年比では161.4%で引き続き対前年比は大幅に増加し、15カ月連続で前年同月比の実績を上回った。また、好不況の判断の目安とされる月間受注額1,000億円も11ヶ月連続で上回った。

 内需は44,351百万円(前月比86.6%)で、外需は98,735万円(前月比112.2%)であった。前年同月比では内需が168.0%、外需が158.7%だった。


 COVID-19の影響が無かった一昨年の実績との比較では、外需、内需合わせた総額ベースでは対前々年比177.1%となっている。対前年比が対前々年比よりも大きい傾向が続いている。


2月3日に発表された昨年12月分の受注確報では、中国向けが対前年比98.4でブレーキが鮮明になった。一方、欧州、北米・中南米からの受注は好調で、東南アジアも堅調である。内需も好調で、精密機械、金型向けの需要が旺盛である。 工作機械の分野においても、納期のずれ込みが出てきているとの情報もある。 引き続き半導体や原材料資源の需給がタイトで、供給難が受注に影響するかどうかも今後の注目点である。    

 

【工作機械受注速報に関する記事】

2020年1月 2020年2月 2020年3月 2020年4月 2020年5月 2020年6月 2020年7月 2020年8月 2020年9月 2020年10月 2020年11月 2020年12月 2021年1月 2021年2月 2021年3月 2021年4月

2021年5月 2021年6月 2021年7月 2021年8月 2021年9月 2021年10月 2021年11月 2021年12月 2022年1月 2022年2月 2022年3月 2022年4月

【出典】

一般社団法人 日本工作機械工業会 工作機械統計

閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示