• Frontier Valuation

高力ボルトの品薄感が改善傾向?

最終更新: 3月27日


http://www.kokozo.jp/journal/j-articles/7488/#more-7488


いずれも、大幅な緩和ではなく、やや緩和とのことだ。

オリンピック関連の工事はほぼ終わったと言われており、需給緩和につながっているようだ。また、過剰発注対策に国土交通省が乗り出したことも功を奏しているのかも知れない。 実数を調査したところ、需給逼迫とまで言える状況ではないとされており、情報の整理で適正な流通を確保できる可能性はある。

  一方で、オリンピック需要による建築費高騰でオリンピック後に着工を伸ばした建設工事や、インフラの老朽更新需要はこれから本格化するとも言われており、期待するほど需給の緩和に繋がらない可能性もある。

【関連記事】




242回の閲覧

© 2020 フロンティア資産評価研究会 - Wix.com で作成されたホームページです。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon