• Frontier Valuation

シックスシックステンの法則?

最終更新: 2018年11月21日

先日、ASAのWebinar、ME148 The Art of Benchmarking を受講した。 Benchmarkingとは、新規コストを求めるための手法のひとつである。 新規コストを求める方法には  Direct Costing・・・直接法

 Trending・・・・・傾向法

がよく使われるが、もうひとつの方法としてBenchmarking ベンチマーク法もある。 基本的にASAの評価メソッドはガチガチに「こうしなければならない」と固まってはおらず、正当性が証明できれば良い。

ベンチマーク法は、類似の物理的特性、機能、および効用を有する既知の物件価格からコストを推定する方法で 間接法といえるものになるだろう。

この中には、機械設備評価を行う上で必須の知識であるコスト・キャパシティ法、 バッテリーリミット、経験則や能力ベースの比較も含まれる。

この中でコスト・キャパシティ法に関するトピックも紹介された。

コスト・キャパシティ法で難しい点のひとつが、どのような乗数を取るかである。 ASAのPOVで教えられる数字が「0.6」である。俗にシックステンの法則、0.6乗ルールといわれ 「分からなかったら0.6を乗せろ」と教えられた。

講義の資料によれば、攪拌機、コンベヤー、コンプレッサー、タンク、送風機、ポンプ、 蒸気発生器、蒸発器、ファン、モーター、フィルター、乾燥機、クラッシャー、炉など 188の品目について調べたところ、平均で0.66、最頻値が0.65、標準偏差が0.22であったという。 つまり約6割が0.44~0.88の数値を取ることになる。

「0.6ではなく0.66を使うといいかもしれない」と言うことだが、 こうしてみると0.6もそこそこ確かな数字ということになりそうだ。 特にスピードが重視される評価やフィーに乏しい評価の場合は0.6又は0.66でも ある程度説明はつくのではなかろうか。

米国鑑定士協会認定資産評価士(機械・設備) 松浦 英泰


© 2020 フロンティア資産評価研究会 - Wix.com で作成されたホームページです。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon