• Frontier Valuation

2019年11月分も工作機械受注額が落ち込む

最終更新: 9月10日

毎月の受注速報を含む工作機械関連記事はこちらからどうぞ 12月10日に日本工作機械工業会2019年11月分の受注速報を発表した。


受注総額は 81,701 百万円で前月比 62.1 %の水準。

夏頃までは好不況判断の目安とされる受注総額1,000億円(100,000百万円)のラインを挟んで一進一退の状態だったが、秋以降はこの水準を大きく割り込む状況が定着しつつある。

 

内外需別では内需が 31,387 百万円(前月比 93.9 %)で、外需は 50,314 百万円(前月比 93.1 %)であった。

前年同月比と比較しても、内需で 54.5%、外需で 68.0%の水準になっている。前年同月比減は14ヶ月連続である。


新しい通信規格5G関連の需要が期待されているが、米中貿易摩擦など通商環境の先行き不透明感の方が強く、当分は弱含みの傾向が続くと見込まれる。


【関連記事】 工作機械関連の記事一覧

フロンティア資産評価研究会 松浦英泰

8回の閲覧

© 2020 フロンティア資産評価研究会 - Wix.com で作成されたホームページです。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon