• Frontier Valuation

豊洲市場のターレ

最終更新: 2019年8月21日


ゆりかもめ「市場前駅」から直結

10月に築地から豊洲に移転してオープンした東京都中央卸売市場。 実はJIMTOF2018の視察に入った帰りに立ち寄ってきました。

豊洲市場には見学者のコースが設けられており、新たな観光の名所としての活用も考えられているようです。



15時。豊洲市場内の店舗は既に閉店


市場は朝早くから開いており、訪れた午後3時は市場にとっては真夜中のようなもの。市場内のほぼすべての店舗は既に閉店しており、開いている飲食店もラストオーダーの後。見学に来た人々もガッカリした様子でした。

見学コースには何箇所か展示物スペースが設けられており、市場で取り扱っているものや市場の歴史、機械類も展示されていました。


ご存じターレ

テレビなどで注目を浴びていたあのターレも展示されていました。ご存じの通り、市場内で荷物の運搬に利用されている機械です。

「ニチユ」の表記があります。少し前に他の会社と合併して名前は変わりましたが、フォークリフトのメーカーとしてお馴染みで、評価でもフォークリフトとしては対象物に含まれていたことがありました。ターレは扱ったことはないのですが、実物を観察するとフォークリフトの親戚なんだなと思いました。

どうしても銘板はチェックしたくなります。メーカーによって表記してある内容は違うのですが、型式やシリアルナンバーはほとんどの場合で記載されているので、そのものを特定する大きな手がかりになります。

ちなみにこのターレは電動です。市場内で使うため、排ガスや油漏れのない電動が選ばれているのではないでしょうか。

この小さなボティに1t積載できるのですからかなりの力持ちです。アワーメーターも...なんて思いましたがそこまでは遠慮しておきました。

 

市場が動いていないときはこんな楽しみ方もあります。




© 2020 フロンティア資産評価研究会 - Wix.com で作成されたホームページです。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon