• Atsuo Seki

ピケティの「21世紀の資本」解説本を読む

今世界中で注目されている「トマ・ピケティ」。

彼は1971年生まれの43歳、フランスの経済学者です。 その著書「21世紀の資本」の翻訳本は、6千円くらいの結構なお値段のする専門書にも関わらず、ベストセラーとなり、アマゾンの書評でも大絶賛されています。 曰く「暗黒の未来図」「時代が求めた金字塔」「転機となり得る歴史書」「時代が求めた金字塔的業績」とか、もうブームといって過言ではありません。 しかし、この本は分厚いし、図が多用されており、難しいぜんぜん読み進まない。 そこで現在、「21世紀の資本」の解説本が多数出版され、それもベストセラーとなっています。 そこで今回、敢えてこの解説本を元にまとめてみたいと思います。

ピケティの何がすごいの?項目は3つ。 1.膨大な過去のデータを徹底比較したから新しい。 2.資本主義の根本的な矛盾を指摘したのがスゴイ。 3.累進課税が格差縮小の鍵だ。

1.膨大な過去のデータを徹底比較したから新しい。 ・ピケティは、19世紀からの各地方に残る古文書を発掘し、そこから膨大な過去のデータを徹底比較しました。キーワードは「税務資料」。 ・結果、人類が経験上そうじゃないかな?と考えられてきたことを歴史的な傾向を読み解こうとしました。 ・この膨大過去資料に対して、基本的な主張をくつがえせる専門家が今のところいません。 ・大御所の経済学者が「基本的に正しい」と認めている。

2.資本主義の根本的な矛盾を指摘したのがスゴイ。 ・「r>g」。これが結論!資本収益率が成長率を上回る! ・つまり、資本主義には格差の拡大化・不平等化傾向があると指摘しています。 ・また、階級格差、世代間格差はよりも遺産相続が不平等最大の原因としています。

3.累進課税が格差縮小の鍵だ。 ・格差拡大は「避けて通れない!」として上で、もう一つの理由を「21世紀は国家間の税制競争が激化し、税金が高い国から資本は流出、税金の安い国へ資本が集まる」と指摘しています。 ・つまり、タックスヘイブンに資産家が集まるということです。 ・そこで、より多く稼ぐ者と、より多く資産を持つ者から、より多くの税(累進課税)を取り、社会に再分配すべきと示唆しています。

これがざっくりとした主張となっています。 ここからは私見ですが、理屈は判るが、税金が高いのはかなわんな~。

以上です。

不動産鑑定士 関 敦生


1回の閲覧

© 2020 フロンティア資産評価研究会 - Wix.com で作成されたホームページです。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon