「太陽光発電事業の評価ガイド」が発表される

太陽光発電協会(JEPA)が6月29日、「太陽光発電事業の評価ガイド」(初版)と発表した。 固定価格買取制度(FIT)が制定されて以来、その高い売電単価に惹かれて多数の新規事業参加者が現れたが、太陽光発電設備に対する知識や技術力管理のノウハウが未熟が事業者も少なくなく、想定したとおりに発電できなかったりパネルが飛散したり、山地などでは土壌が流出するといった問題も発生しており、状態の悪い発電施設に対しては是正を求め、是正もままならないとなった場合には撤去の必要性も指摘されている。

今回発表された評価ガイドは、そのチェック項目とチェックの方法を提供するものであり、一歩前進といったところである。公正価値評価の場面でも物的、技術的な状況把握は不可欠であるから、この評価ガイドの果たす役割は大きいだろう。

公正価値評価を担当する立場としては、このガイドを元に、公正価値評価やその前提となるリスティング、デューデリジェンスの手法を早期に確立することが必要ではないかと考える。 多くの人に利用してもらい、太陽光発電施設の有効性を高める方向に繋がればと思うところである。  

「太陽光発電事業の評価ガイド」について<太陽光発電協会>

http://www.jpea.gr.jp/topics/hyouka_guide.html

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示