アイオワカーブ

アイオワカーブと言ってもASAの評価人以外で何のことかおわかりになる方はほとんどおられないのではないだろうか。

一般に鑑定評価は①コストアプローチ②マーケットアプトーチ③インカムアプローチの3つのアプローチを使って求めるべき価値の結論に至る。これは、IVSでも日本の不動産鑑定でもASAの機械設備でも共通である。

但し、この全てのアプローチ全てが使えることは稀である。

  [以下はメンバー専用ページで公開しております]

57回の閲覧0件のコメント